注文住宅ので土地から買う場合の問題点

注文住宅は多くの人のあこがれでもありますが、建築する場合にはできるだけ事前に学んでおいた方がいいこともあります。いざ建築を始めてから何も知らないのでは、ちょっと困ります。必要最低限の知識を身につけておきましょう。では、どのようなことを学んでおいた方がいいでしょうか。
その一つが住宅ローンです。土地を所有していない場合、土地をまず購入しますが、多くの人は住宅ローンを組んで土地を購入します。これについては建売住宅と同じで問題がありません。ところが、建物を建てる時には一つ問題があります。建物を建てるとき、住宅ローンを組みたいと思っても、理屈上は組むことができません。なぜなら、建物自体は、まだ建築されていないからです。

建物が建てられたと仮定してローンを組む

普通、ローンを組むときには何らかの担保が必要です。例えば、建売住宅で住宅ローンを組むことができるのは、そこに建物があるからです。もし、住宅ローンを組んだにも関わらず、買い主がどこかに逃げてしまったとしても、住宅を担保としてもらうことができれば建設会社は損をすることはありません。ですが、このようにセオリー通りに考えると、注文住宅の場合は問題が生じることが分かるでしょう。建物がない段階で住宅ローンを組まなければならないのです。少なくとも、建築会社に建てる前に前金として数百万円は渡さないといけません。
これでは困りますので、ローンを組む場合は、土地をローンで買い、その延長で建物も建てると考えます。すでに建物が建築されたと仮定してローンを組めるようにするのが普通になります。これをつなぎローンと言います。

設計事務所は設計士が在籍していて建物の設計図を書いたりする事務所のことです。設計士は依頼を受け、イメージに合った設計図を書きます。

© Copyright Furniture Store. All Rights Reserved.